愛用の刺しゅう糸ケース

DSCF1726

とても気に入っている、

刺しゅう糸の収納ケース。

刺しゅう糸の収納方法は、

皆さん頭を悩ませるところだと思います。

かくいう私もそのひとり。

木箱をつかったり、

MUJIの透明プラスチックケースをつかったり、

色々試してきました。

2年ほど前でしょうか、

よし、ちゃんとした家具としての

糸ケースを買おう、と決意。

刺しゅう糸のメーカーから出ているケースも

実物や、カタログ、ネットなどで見て。

うーん、でもなんかちょっと

思い描いているものとはちがうかな..。

DSCF1686

ネットオークションを探し始めました。

もともとアンティークの家具が好きで、

リビングの家具は、一つずつ買い集めてきた

アンティークのものがほとんど。

とはいえオークションで買うのは初めてだったので、

最初はずっと眺めているだけ。

でも、なかなか素敵なものがあるものなんだな、と

探すのが楽しくなってきました。

ほとんどが地方のアンティークショップが

出品しているもの。

閉店してしまった、

町の小さな手芸店からの払い下げのもの、

などとエピソードが添えてあると

ちょっと色々想像してしまいます。

DSCF1655

それでも、わたしのように探している

刺しゅう好きの方は多いようで

手ごろな値段の物は倍率が高く、

何度か入札したものの落とすことができませんでした。

 このケースを見たときに、

高さと奥行きは結構あるのに

あまり幅をとらないデザインに惹かれ、

それでも考えていたものよりは大きめだったため

かなり長い期間考えました。

大きめのサイズの物は、競争相手が

あまりいないのも考える時間がとれて

よかったのだと思います。

写真はあらゆる角度から撮ったものを

載せて下さっていたので不安はなかったのですが

やはり問題はサイズ。

メジャーで何度もここからここまで、と

スペースに当てはめてみたり。

熟考のうえ、落札しました。

DSCF1667

遥々広島から送られてきた荷物は

まるで引っ越しのように大きなもので

最初見た時には驚いてしまって。

でも、決めていた場所に置いてみたら

すっぽり収まり一安心。

あとは、引き出しを一段一段外し、

ガラスの部分も仕切りもはずして、

根気よく洗ってお天気のいい日に干しました。

DSCF1675

そこからはワクワク楽しい作業♪

ラベルをはって、

糸を色見本の順番に収納しました。

わたしはDMCの糸を使うことがほとんどですが、

全色入れてもスペースが余ります。

昔のオリムパス製の棚ですが、

今どきのものとは違い

引き出し部分もすべて木製、

本物の硝子が入っているのがとてもきれい。

お気に入りの理由です。

モチロン建て付けは決してよくないけど

それもまたご愛嬌。

せっかくのご縁で出会ったもの。

これからも、

大事に大事に使っていこうと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ facebookページへ instagramページへ

コメントはまだありません »

コメントを残す


おじぎ草とご近所さん

うちは、駅から坂道をのぼって

てっぺんまで行ったら右に曲がって2件目、

みたいなところに位置しています。

もっと見る »

リュネビルのモチーフでポーチ

メガネケースにするポーチを

新調しました。

もっと見る »

続いて糸ボックス

前回に続いて

ボックスのおはなしを。

もっと見る »

ソーイングボックス

持ち歩き用のソーイングボックス、

ブック型の缶になりました。

もっと見る »

ギンガムチェック

あっという間に

3月も半ばを過ぎました。

もっと見る »

二子玉川クラス増設のお知らせ

4月期から、新しいクラスが

始まります。

どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで満席になっております。

キャンセル待ちも受けて下さいますので

どうぞよろしくお願いいたします。

お申込みwebサイト

もっと見る »

マスクケース

マスクケースに

仕上げました

もっと見る »

花文字のトートをリネンで

皆さま、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

もっと見る »

クラスの様子

今月も、というか今年も

来週の山手第3月曜日、

1クラスをのこすばかりとなりました。

1年は本当にあっというま。

もっと見る »

花文字をハートで色違いに

沢山の方に刺していただいている

花文字のシャンタントートを

生地も色も変えて刺してみました。

もっと見る »

スパングルのホワイトフラワー

教室ではおなじみの形のがま口、

糸とスパンコールで

刺しゅうをしました。

もっと見る »

6回講座、1日講座にご参加の皆さま、ありがとうございました

ひさしぶり-の投稿になります。

書きたいことは山のようにあるのですが

もっと見る »

1日講座のご案内

以前ご紹介させていただいた

クリスマスの刺しゅうの

1日講座の詳細がきまりましたので

ご案内させてください。

もっと見る »

くるみ

クルミずきです

食べるのはもちろん、

殻さえもいとおしい。

もっと見る »

かいじゅうの額装と定期講座の募集について

数年前に刺したかいじゅうのことと

11月から始まる日本橋三越カルチャーサロンでの

定期講座のお知らせをさせてください。

もっと見る »

とら

来年の干支はとらです。

もっと見る »

うちのガジュマル

刺しゅうのお話ではないのですが..

ガジュマルの木はご存知ですか?

もっと見る »

さくらんぼの刺しゅう

2年前くらいに刺した

さくらんぼの刺しゅうです。

もっと見る »

持ち手に刺しゅうのかごバッグ

だいぶ前に作っていた

バッグの持ち手

ようやくかごに付けました。

もっと見る »

1日講座用のメッセージツリー

季節はずれの

クリスマスツリーを刺しました。

もっと見る »