母にもらった指輪を作りかえて

数年前に

母からもらっていた指輪。

リフォームをお願いして

好みのデザインに仕上げてもらいました。

実家に帰ると母が

「これ使う?」などと

色々なものを出してきてくれます。

「あ、もらう~」

というものもあれば

「そ、それはいいや」

と丁重にお断りするものもあります。

そんなやり取りをして数年前にもらっていた指輪。

淡いピンク色の大きな石が気に入って

喜んでもらってきたのですが、

和装などには合いそうなのだけど

普段使いはなかなかできない感じのデザインだったので

いつか直してもらおうと思いつつそのままになっていたもの。

そんなことも忘れていた昨年末、

ご主人と一緒にジュエリー工房を営んでいる友人が

とても難しい試験に合格したことを知りました。

「日本ジュエリー協会認定1級ジュエリーコーディネーター」

一般の人にはあまり馴染みのない資格ですが、

ジュエリーに関わっている方ならその難しさがわかると思います。

昨年この1級に合格したのは全国で彼女を含めてたったの2人。

トータルしても1級のジュエリーコーディネーターと言われる方は

ほんの数十人しかいないとのこと。

(すごい☺)

彼女とはかつて同じ職場で働いていました。

ジュエリーデザイナーのご主人と結婚したのをきっかけに

勉強をはじめ、様々な経験を積んで現在に至っています。

賢くまじめで美しい彼女にぴったりのお仕事。

ちょうど良いタイミングと思い、

リフォームをお願いすることにしました。

どんなものが好きか

どんな風に仕上げたいか

わたしの肌の色にはどんな色が合うか。

カウンセリングのように

細やかに丁寧に希望を引き出してくれます。

わたしの場合、

使わなくなったゴールドのリングも持参したので

それを利用してもらうこともできました、

ありがたい。

わたしの肌色と石の色を考えると

ピンクゴールドがいいと思うと提案してくれたので

以前から疑問に思っていたことを聞いてみました。

ピンクゴールドとは、どうしてピンク?

すると、ゴールドに銅を混ぜることで

あのピンク色が出来ると教えてくれました。

なるほどな~。

相談のあと、

しばらくして自宅にこのデザイン画が送られてきました。

イメージがデザインにおこされると、

なんだかとっても嬉しくなります。

わたしは2つのデザインで迷っていたので

この後もう一度お店に伺い、

蝋で出来た実際の形のものを付けさせてもらって

当初の希望通り

「ぽってりとした感じのデザイン」を選びました。

約1か月後に出来上がったのがこのリング。

イメージ通りの仕上がり。

大きくても引っ掛かりのないように作ってもらったので

刺しゅうの時にも付けていられます。

気に入った同じものを毎日つけるタイプのわたしには

ありがたいことです。

お願いしてほんとによかった♡

報告したら母も喜んでくれました。

ここが素敵なアトリエ&ショップです。

実際にお店を訪れる方はもちろんですが、

ホームページを見てメールのやり取りで依頼して下さるお客様も

全国にいらっしゃる。

そんなお一人お一人にそのジュエリーに纏わるエピソードがあるのだな、

彼女の書く文章を読むとそんな風に思います。

このリングのことも紹介してくれています。

オカモトジュエリーのブログ

(わたしは事実と全く異なる感じで褒め殺されています、どうぞ笑ってください)

とても信頼できるお店ですので、

わたしのように眠っている大切なものがある方は

ご相談なさってみてはいかがでしょうか。

OKAMOTO.JEWELRY ATELIER&SHOP 

(↑素敵な作品も見られます)

*写真はお借りしたものがほとんどです

Broderie de Papillon Facebookページ

Instagram*


ブログランキング・にほんブログ村へ facebookページへ instagramページへ

2 Comments »

  1. 仲村裕紀子 より:

    素敵な指輪にリフォーム出来て良かったね〜。志保ちゃんは指先を使うお仕事だから、ネイルや指輪がキレイだと手元を見るのが楽しくてさらに捗ることでしょう!
    私も母からもらった指輪のサイズ直しをしたいので、一度訪ねてみようかな。サイズ直しで終わらないかもね 笑

    • shiho watanabe より:

      ゆきちゃん、ありがとう☺
      好きなものをつけていると自分で見ちゃうよね、わかる。
      鎌倉からも遠くないので夏に帰国した時には行ってみてね。
      信頼できる素敵なご夫婦だから♪
      そしてわたしも夏に会えるの楽しみにしてるね。

RSS feed for comments on this post. / TrackBack URI

コメントを残す


おじぎ草とご近所さん

うちは、駅から坂道をのぼって

てっぺんまで行ったら右に曲がって2件目、

みたいなところに位置しています。

もっと見る »

リュネビルのモチーフでポーチ

メガネケースにするポーチを

新調しました。

もっと見る »

続いて糸ボックス

前回に続いて

ボックスのおはなしを。

もっと見る »

ソーイングボックス

持ち歩き用のソーイングボックス、

ブック型の缶になりました。

もっと見る »

ギンガムチェック

あっという間に

3月も半ばを過ぎました。

もっと見る »

二子玉川クラス増設のお知らせ

4月期から、新しいクラスが

始まります。

どうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで満席になっております。

キャンセル待ちも受けて下さいますので

どうぞよろしくお願いいたします。

お申込みwebサイト

もっと見る »

マスクケース

マスクケースに

仕上げました

もっと見る »

花文字のトートをリネンで

皆さま、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

もっと見る »

クラスの様子

今月も、というか今年も

来週の山手第3月曜日、

1クラスをのこすばかりとなりました。

1年は本当にあっというま。

もっと見る »

花文字をハートで色違いに

沢山の方に刺していただいている

花文字のシャンタントートを

生地も色も変えて刺してみました。

もっと見る »

スパングルのホワイトフラワー

教室ではおなじみの形のがま口、

糸とスパンコールで

刺しゅうをしました。

もっと見る »

6回講座、1日講座にご参加の皆さま、ありがとうございました

ひさしぶり-の投稿になります。

書きたいことは山のようにあるのですが

もっと見る »

1日講座のご案内

以前ご紹介させていただいた

クリスマスの刺しゅうの

1日講座の詳細がきまりましたので

ご案内させてください。

もっと見る »

くるみ

クルミずきです

食べるのはもちろん、

殻さえもいとおしい。

もっと見る »

かいじゅうの額装と定期講座の募集について

数年前に刺したかいじゅうのことと

11月から始まる日本橋三越カルチャーサロンでの

定期講座のお知らせをさせてください。

もっと見る »

とら

来年の干支はとらです。

もっと見る »

うちのガジュマル

刺しゅうのお話ではないのですが..

ガジュマルの木はご存知ですか?

もっと見る »

さくらんぼの刺しゅう

2年前くらいに刺した

さくらんぼの刺しゅうです。

もっと見る »

持ち手に刺しゅうのかごバッグ

だいぶ前に作っていた

バッグの持ち手

ようやくかごに付けました。

もっと見る »

1日講座用のメッセージツリー

季節はずれの

クリスマスツリーを刺しました。

もっと見る »